CATEGORY

暮らし

節分の豆で便秘解消?食べすぎは危険?どれくらいが本当に効果的?

節分といえば豆まきですね。 豆まきのあとは、豆をひろって歳の数だけ食べるのがならわしですが、節分の豆って食べ過ぎても大丈夫なのでしょうか? 節分の豆は、地域にもよりますが、大きく分けて二種類使われており、それは大豆と落花生です。 大豆も落花生も食物繊維が豊富です。 食物繊維は腸内環境を整え、また食物繊維じたいが便を形成することにより、便通がよくなり便秘の解消が期待できます。 ただ、大豆は続けて何日 […]

節分の豆は歳の数だけ食べるもの?少なかったり多かったりしたら?!

もうすぐ節分ですね。 節分と言えば、恵方巻もそうですが、豆まきが特に有名ですよね。 古くからある習わしで、神様の贈り物の五穀である豆を福豆とし、その福を体内に取り込むことで健康や福を願うといった意味合いがあります。 歳の数だけ食べるものですが、これは一般的に「数え年」で数えます。 満年齢より一つ多めに食べることで、「次の年も健康に」という意味合いを持つそうです。 さて、満年齢より少々多いことに関し […]

節分の豆でアレルギーがでた!原因と回避方法は?パッケージでOK?

お正月の次にやってくるのは節分ですね。 節分といえば近年では恵方巻きも有名になってきましたが、古くから行われている行事としてはみんながよく知っている「豆まき」もありますよね。 そんな豆まきですが、節分の豆でアレルギーがでたという人もいるんです。 最近の豆まきでは掃除のしやすさなどから、大豆ではなく落花生を採用している施設もあるようです。 落花生も大豆もアレルギーを起こす人は多く、特に落花生は食品表 […]

節分に恵方巻きに必ずいれる具材で定番なのは?7品目なら何でも!?

2月の行事といえば、節分ですよね。 いつからか節分には恵方巻きを食べることが定番となりましたが、その具材について詳しくご存知ない方もいらっしゃるかと思います。 そんな具材について今回は書いていきますね! 恵方巻きは商売繁盛や節分のお祝いとして食べられるものですから、具材も縁起のいいものが巻かれていることが多いです。 具材の数は7種類であることが一般的とされていますが、そうでないこともよくあります。 […]

節分の方角は誰が決める?そもそも恵方ってなに?何のためにある?

まだまだ寒い日が続きますが、お正月が終わると、まもなく節分。 毎年、真っ先に気になるのは、恵方と呼ばれるツキを呼び込む方角ではないでしょうか。 恵方は、中国に古来から伝わる様々な事象を占う術に起源を持ち、日本で発展した陰陽道(おんみょうどう)による思想です。 陰陽道によれば、方位を司る神の1つに歳徳神(としとくじん)が存在し、歳徳神が来臨する方角は特に縁起が良いと見なされて来ました。 歳徳神は主に […]

節分の豆の成分は?イソフラボンやたんぱく質はいいことある?

2月に入ると立春を迎え、暦の上では早くも春。 新しい季節の無病息災を祈る邪気払いの豆まきで知られる節分は、立春の前日にあたります。 「鬼は外!福は内!」の勇ましい掛け声と共にまく豆は、地域により違いがありますが、大半を占めるのは大豆です。 無味乾燥で何の変哲もない節分の豆ですが、その小粒な外見からは想像がつかない程、体に良い成分がぎっしりと詰まっています。 大豆に含まれる栄養素は、たんぱく質やイソ […]

節分の恵方巻きの意味は?なんで、いつから食べられるようなった?

お正月に続く冬の伝統行事と言えば、2月初旬の節分です(2021年は2月2日)。 豆まき用の大豆や落花生に、厄除けの柊(ヒイラギ)イワシなど必須アイテムを揃えると共に、節分メニューの準備も万端にしたいものです。 節分の特別メニューでまず思い浮かぶのが、恵方巻。七福神にちなみ縁起の良い七種の具材を含んだ太巻き寿司は、今や全国に浸透した節分の新しい食習慣となりました。 インターネットリサーチ大手のマイボ […]

節分にけんちん汁を食べる由来は?この地域の人しか知らない?

地域による違いが興味深い、節分にちなんだ食べ物の数々。 東西比較をしてみると、関西代表は恵方巻に他なりませんが、関東ならではの伝統の一品は何でしょうか? 関東の節分と言えば、煮込んだ根菜をすまし汁で食べる「けんちん汁」が一般的です。 けんちん汁は、大根やごぼうなどの根菜とこんにゃくをごま油で炒め、だしと醤油で味付けした汁物。 具材が似ている豚汁(とんじる・ぶたじる)と混同されやすいですが、元々は精 […]

2月の節分の由来は?2021年は124年ぶりに2月2日です!

大晦日にお正月と、寒さは厳しくてもワクワクする行事が続く冬ですが、春の訪れを予感させる2月の節分も楽しみなイベントです。 鬼退治の豆まきに、恵方巻を頬張って1年の無病息災を祈願する伝統行事である節分。 しかし、2021年の節分はいつもとちょっと違うのにお気づきでしょうか? 何が違うのかと言えば、節分の日付です。 例年であれば、2月3日が節分の日にあたりますが、令和3年の2021年は何と124年ぶり […]

茶色い埃はなにでできている?皮膚、ふけ、あか、花粉、ダニやカビ?

何度掃除しても、間髪入れずに再び溜まっている埃に、思わずため息が出てしまうこともしばしば。 ふんわりとした綿雲のような美しいホワイトカラーにはほど遠く、灰色っぽく見える埃がほとんどで、いかにも“汚れモノ”感が満載です。 実際のところ、埃には多様な色の繊維くずが混じり合っているものの、混色の原理により人間の目には灰色に見えるというカラクリが作用しています。 しかし、よく観察してみると、全てグレーカラ […]